ベビーシッターがおんぶするときの注意点

ベビーシッターがおんぶするときの注意点

おんぶはベビーシッターの両手が空き便利ですが、赤ちゃんの首がしっかりすわっているかを、確認してください。

一般的にはおんぶひもを使用します。おんぶひもには、様々な種類のものが販売されています。

ひもが首に巻きついたり身体がずれたり、きつく締めすぎたりまたゆるかったりすると、危険が伴います。

必ず使用方法を、ベビーシッターが保護者に確認するようにしてください。

また背中の赤ちゃんの様子が分かりづらいので、よく気を配りぶつかったりしないように、気を付けてください。



外出するときには抱っこひもやおんぶひも、ベビーカーを使用することもあります。

現在様々な種類があり、使用方法もタイプによって違っています。



使用については、ベビーシッターが必ず保護者に、使用方法を確認します。


また保育所や幼稚園の送迎時では、雨の日、風の強い日、雪の日等があり特に保育所では、荷物が多くなる時もあります。
階段昇降がある場合は、抱っこひもを使用していると足元が見えずに危険です。
このようなときに、どのようにして安全に子供を運ぶかはベビーシッターの保育において、大きな課題です。



送迎については、保護者と十分に相談の上もっともよい方法を、考える必要があります。
また公共交通機関を利用する場合や自転車、あるいは自動車を利用する場合もあります。その場合は、所属する会社の方針や指示に従い子供の安全を第一に考えて、対応することが大変に重要なこととなってきます。

社会関係の情報

同じ子供を保育していて、長期間子供の遊びに変化や発展がないときは、まずベビーシッターの指導のマンネリ化を疑ってみてください。保育するときには、各家庭にある玩具をお借りします。...

more

専門知識

テレビ、ビデオ、テレビゲームなどは原則的には通常の保育では、必要がありません。各家庭の保育方針に沿うことが大切になってきます。...

more

驚く情報

2歳児以下においては、一つのものを複数の子供たちで遊ぶ協力遊びは、まだできなくて自然な状態です。一緒に遊んでいるようでも、個々で楽しんでいるのです。...

more

社会について情報

子供の学童期の遊びにおいては、ベビーシッターは次のように進めていきます。保護者とは事前に、教育方針や方向性を話し合っておきます。...

more
top